MENU

神宿

神宿と羽島めいの1年☆彡

どーも羽島めいです
ワンマン終わってすぐに書こうと思ってたんだけど遅くなってしまった。すまないね。

ワンマンで伝えきれなかった事、想いをブログに書きます。ぜひ最後までゆっくり読んでくれよん。

9月26日神宿1周年記念ワンマンLIVEでした。

沢山の方が来てくださり渋谷duoはパンパンでした。本当に嬉しい事です。ありがとうございます!

1年を振り返ると本当に毎日が濃く、辛い事、嬉しい事どちらも半分半分でした。
私は昔から物事沢山考えすぎてしまうタイプなので、ちょっとしたミスとか人と話す時反応を伺うとか。
ビビリな性格でした。

神宿でデビューしたのは16才の高校1年生後半に入った頃なんですが、ちょっと恥ずかしい話なんだけど16年生きてきた中で身内以外、私の信用できる人が1人もいませんでした。
私は小学2年生から男子のサッカーチームに入り中学3年生までサッカーをやっていたのですが、女の子が少なく孤独にサッカーをしてました。前のインタビュー記事にも書いてあったけど、
自分のためのサッカーでした。

女子のサッカーチームにも入ったりしていたのですが、私はキャプテンをやっていました。

責任が重く、中々指示を聞いてくれないし相談できるメンバーなど1人もいなかったです。

中学に入ってからは毎日が反抗期でした。

中学1年の頃サッカー部に女子1人で入って仲間もいなく、結構嫌われてました。

部活も学校も嫌々で行っていて親の言うこと全て無視したり先生に反抗したりと楽しい日々ではなかったです。

中学3年の時にサッカーで有名な高校から推薦を貰えたけど、行くことを辞めました。

このままサッカーやっても意味がないと思ったから。

でも辞めたら辞めたで自分の得意としていたものがなくなって普通の女子高校生になってしまいました。

ちょっぴり後悔したり辛かったりしてたけど、今はもうそんな事どうでも良くて、私はやっと自分のやりたい事自分の居場所を見つけられたんです。

高校1年の夏休み家族とたまたま出かけた東京で運命の出逢いをしました。

神宿に出逢いました。

この時から私の人生は大きく変わりました。

サッカーとは全く違う少人数のメンバー、毎回変わるレッスン、選抜とかポジションのないメンバー全員でのLIVE。

何もかもが味わった事のない違う世界だった。
でも1つだけサッカーと共通する事があります。

それはメンバーと一緒に戦うこと。私は今まで気の強い子としか何かを一緒に目指す事をしたことがなかったので、正直神宿メンバーの顔合わせは不安でした。

どうせまた、ただLIVEをするだけで絆とか何も無く自分の為にアイドルをするんだと思っていました。

そんな気持ちが変わったのはデビュー前の数日間でした。

ただひたすらにメンバーとビラ配りしてデビューに向けてのダンスを練習して。

そんな中でメンバーの弱みや強さを沢山見ました。

私の中で(この子達は今までの人と違う。)

そう思いました。

その時はちょっと信じてみたくなったんです。

それからデビューLIVEを成功させた時はとても幸せでした。

このメンバー5人でてっぺんをとるんだ!

って確信してました。

それからLIVEと学校の生活が始まって毎日が忙しくなりました。どんなに忙しくてもLIVEするのが楽しかったしメンバーと会うのも毎回楽しみなほど神宿に夢中でした。
どんどんLIVEをこなしていくにつれてメンバーとの人気の差に気付き始めて。

私はその頃結構人気なくてメンタル的に結構きつかったです。特典会で1人暇してたりとかしてその日の夜とか悔しくて泣いた日もあります。

アイドルってなんかキツイなって沢山思ったりしました。
デビューしてから数ヶ月経って私がLIVE中のMCを担当するようになりました。

その日から更にアイドルって難しいと悩んでいきました。

MCをするということはそれが神宿の顔みたいな所があるので第一印象とかにもすごく関わる大事な役じゃないですか。

私は今まで沢山MCで失敗を重ねてきました。言っちゃいけない事を言ったり、雰囲気台無しにしたりと、もうアイドル向いてないんじゃないかなって思ってたりしました。
一番酷かったのが1月、2月ら辺です。

その時期が一番悩んでたし頭がぐちゃぐちゃの時期でした。

もう無理だって思った時に助けてくれたのがメンバーで一番最年少の一ノ瀬みかだったんです。


正直年下に頼るのとか初めてで最初かなりためらってたんですけど、一度話すと自分でもビックリするくらいなんか気を許せて今までため込んでいたものを全て吐き出せたんです。

その時やっと本当に心から信用できる人が出来たんです。

沢山悩みを聞いてもらううちにネガティブな性格も段々とポジティブに変わっていったんです。

信用できる人が1人でもできるとこんなにも気が楽なんだと思いました。

4月あたりにみかに「今日からみかのライバルになれるように頑張る。」

って宣戦布告?的な事言ったんです。

そしたらみかが「かかってこい。」みたいな事言ってくれて絶対負けない、必ずこの子を目指せば変われるって思いました。

そこからが本当に沢山の壁にぶち当たりました。誰かを目標にするって凄く難しかったです。どうしたらこの娘みたいに強くなれるのかとか凄く考えたし悩みました。

宣戦布告してからみかも私に弱みを見せてくれたり悩んでる事も話してくれたりして、普段顔に出さない分裏で沢山悩んできてた事も分かったし、もしかしたら、他のメンバーもそうなのかなって思い始めて。
なほっていつもヘラヘラして一緒にいるだけでゲラゲラ笑える最高に楽しい娘だけど人一倍ネガティブだったし、悩んで抱え込むタイプだった事に気づいたし。


ひなはお母さんばっかりの甘えん坊で気を使われてると思ってて絡みづらかったけど一番優しくて真面目に神宿の事考えてて私の事もちゃんと見てくれてた。


お姉ちゃんはいつも頼りなくてリーダーらしくないし、超マイナス発言するし意地悪だし子供っぽいし昔から沢山喧嘩してきたけど、神宿始めたら表に弱みを見せず、家に帰ってからひっそり泣いてたり、そういう強みもある事に気づいた。


ちゃんと一人一人考えていて神宿にかける想いは一緒なんだと思った。

初めてメンバーと一緒に同じ夢を同じ気持ちで目指す事が出来てる今がすごく本当に幸せです。

やっと信用できる仲間と一緒に歩むことができる。それを応援してくれる人達がいる。

こんなに幸せな事はないです。

この前の神宿1周年記念ワンマンLIVEで私は自信がつきました。

こんなに沢山の方が私を必要としてくれてる。私の居場所はここなんだって。

もっともっと応援してくれる皆に最高の景色を見せてあげたいし一緒に見たい。

ワンマンで応援してくれる人がいて凄く幸せで満足しているけど、まだまだしてないです。

まだ私の幸せは始まったばかりなんだ。今まで悔しかったり辛かったりした分沢山幸せになりたい。

沢山幸せになってそれを応援してくれる人達に沢山分けていきたい。

一緒に幸せになりたい。もちろんそのためにはまだまだ上を目指して行かなきゃならない。

辛い事だって沢山待ち構えている。でも私は絶対負けたくない。負けない。

一緒に戦う仲間がいる。全力でサポートしてくれる人達がいる。

何も怖くない。大きな敵にも立ち向かえる。

今私は無敵です。

みんなとラスボスを倒しにこれからも全力で駆け上がって行く。

てっぺん目指してる途中で新しく神宿を応援してくれる人が増えてくれるといいな。

そう願います。一緒にてっぺんを目指そう。


……………………………………………………

沢山書いた。何時間かけて書いたかな?笑。

ブログじゃ一年の全てなんて書ききれないけど、少しでも想いが伝わればなと思います。

沢山書きすぎて文がおかしいかもしれないけど頑張って読んでくれてありがとう。

神宿はまだまだ進んでいくよ。どこまでも。

羽島めい🐘

  • 神宿 神宿3周年記念ライブ 「神が宿る場所 HARAJUKU DREAM」特設サイト
  • 神宿 関東ツアー2017 ~ ROAD TO 3周年 ~ 特設サイト
  • 神宿 春ツアー2017 ツアーファイナル特設サイト

SCHEDULE

RANKING

Twitter